慎重に処理を要する|災害の後に|瓦礫選別の処理の仕方を知っておこう

災害の後に|瓦礫選別の処理の仕方を知っておこう

重機
このエントリーをはてなブックマークに追加

慎重に処理を要する

男女

廃棄物は家庭から出されるもののと、事業活動から出されるものが区別されています。これら二つのものは処理される方法も異なっていますが、その中でも特に異なった扱いをされているのが産業廃棄物です。産業廃棄物は略して産廃と呼ばれていますが、これは事業活動から出された廃棄物の中でも、特に法律で定められた種類のものを指す言葉です。どのようなものを産廃と呼ぶかについては、『廃棄物の処理及び清掃に関する法律』という法の中で定められています。この法律の中で定義されている具体的な産廃とは、汚泥や廃油、燃え殻、廃アルカリ、廃プラスチック類、廃酸などの廃棄物を指します。それ以外にも政令で特に指定されたものも産廃に該当します。

産廃はいくつかの危険な特性を持っているために、処理される際には他のものとは区別されて回収されています。廃アルカリや廃酸が産廃に指定されているのは、これらの物質が環境に対して強い毒性を持っているからです。これらの物質を含む廃棄物を何の特別な処理も施さず一般の廃棄物と一緒に処理した場合、廃棄物の処理場の近辺などの地域環境に悪い影響を与える可能性が高いので、特別な処理を要する廃棄物として取り扱われています。また廃油が産廃に指定されているのは、火気が近くにある場合爆発する危険性があるからです。廃油が一般の廃棄物と一緒に処分された場合、廃油が引火することによりこれらのものと一緒に燃えて被害を拡大させることを防ぐために、産廃として特別な扱いがされています。