環境を守るための義務|災害の後に|瓦礫選別の処理の仕方を知っておこう

災害の後に|瓦礫選別の処理の仕方を知っておこう

重機
このエントリーをはてなブックマークに追加

環境を守るための義務

作業員

専門業者への依頼

一般廃棄物と産業廃棄物に分けられるごみは、それぞれ処分方法が異なります。なかでも熟知しておきたいのが一般廃棄物で、家庭系と事業系で分けて考える必要があるのです。普段の生活で出るごみの多くは、自宅近くの集積場所に置きます。しかし、飲食店や事務所から出る事業系一般廃棄物は、専門業者へ依頼すると近隣とトラブルがなく安心でしょう。さいたま市ではそんな事業用の一般廃棄物を回収する民間業者があり、いつでも必要なときに依頼が可能です。ピックアップしておくとすぐに対処できて便利ですので、事業の開始前にチェックすると良いでしょう。営業中は食器類や調理器具の産業廃棄物の発生も考えられますので、さいたま市であれば同じ業者に相談すると便利です。

優良業者を選ぶ

ごみ処分のポイントは自治体のルールやマニフェストに沿うことですが、業者に依頼したからそれで良いわけではありません。実態のわからない業者は処分方法や場所を公開していませんので、さいたま市にある業者のような事業内容が明確なところを選びましょう。優良業者を選ぶことは捨てる側の義務でもあり、不法投棄のトラブルから自社を守る有効手段となります。また、さいたま市で依頼できる業者は自社サイトを設けている業者もありますので、公開されている情報を確認しましょう。見積もりが基本の取引ですが、一部の料金が確認できることもあります。対象業者の本社または事業所がどこにあり、一般廃棄物の処分方法や作業の手順もチェックのポイントです。